紫外線は一体どのようにして肌に影響を与えるのか

紫外線は一体どのようにして肌に影響を与えるのか

最近は紫外線は肌によくないものとして認知されるようになり、紫外線対策を行っている女性もたくさんいらっしゃいます。
この紫外線は一体どのようにして肌に影響を与えるのでしょうか。

 

まず、紫外線にはA波とB波という二つの波長を持つものがあります。
紫外線Bは短い波長で肌に強い刺激を与えていまいます。

 

夏の強い日差しを浴びると日焼けするのがこのB波の影響によるもので、肌を黒くしたりやけどのような状態にしてしまいます。
また、どんどんメラニンを作らせてしまいますから、シミの原因にもなります。

 

もう一つが紫外線A波です。

 

長い波長を持つA波はB波のようにすぐに肌に目に見えた影響を与えるものではありません。

 

波長が長いということは肌の奥まで紫外線が入り込み、コラーゲンなどの肌の潤いやハリを保っている細胞を傷つけてしまいます。
その結果、シミやしわ、たるみが起きたり、肌の老化を早めてしまいます。

 

また、紫外線A波は窓越しの光のも含まれていて、室内にいて紫外線を浴びるだけでも肌に影響を与えてしまいます。
季節によって異なりますが、一年中紫外線A波は降り注いでいますから、一年中しっかりと紫外線対策を行う必要があります。

 

このような紫外線による肌の老化は光老化と呼ばれていて、肌の老化の多くを占めています。
つまり、しっかりと紫外線対策をして紫外線を浴びないようにするだけで、シミやしわ、たるみなどの進行を防ぐことができて、若々しい肌を保つことができます。

 

 

大切なのは雨の日や冬でも日焼け止めなどを塗って、手を抜かずに紫外線対策することです。

 

最近は化粧下地やファンデーションにも日焼け止め効果があるものがありますから、上手く活用していきましょう。
また、夏場の紫外線量は多いですから日頃の紫外線対策に加えて、日傘や衣類などでも日焼けしないように工夫しましょう。

 

窓から入ってくる紫外線のことも考えて、朝起きてカーテンを開ける前に日焼け止めを塗ってしまうのもおすすめです。