珈琲はシミの改善やアンチエイジングにも効果が期待できる

珈琲はシミの改善やアンチエイジングにも効果が期待できる

しみやしわを改善するために必要なことは、肌の酸化を防ぐことです。しみができる原因には殆ど紫外線が影響していますが、紫外線を浴びると皮膚が酸化してメラニンが増えてシミとなります。さらに肌の弾力も奪われるためしわの原因にもなるのです。

 

肌の酸化を防ぐことでしみだけではなくしわの改善も期待できます。抗酸化作用が高い食品にはコーヒーがあります。

 

過酷な環境で育つ植物は抗酸化効果が高く、この成分はポリフェノールです。コーヒーは亜熱帯で育ち多くの抗酸化物質が含まれているのです。ポリフェノールの摂取量が多いと紫外線のしみがひくく、1日2杯以上のコーヒーを飲む人はしみが少ないという調査結果もあります。コーヒーのポリフェノールは、ポリフェノールが含まれていることで知られている赤ワインと同等くらいなので、赤ワインが飲めない場合でもコーヒーであれば飲むことができる場合もあります。コーヒーで気になるのはカフェインです。1杯あたり約90ミリグラムのカフェインが含まれており、ポリフェノールは約280ミリグラムなので、カフェインをとり過ぎずに、効率よくポリフェノールを摂取することができます。

 

しみに効果的な飲み方は、珈琲ポリフェノールは1日1000ミリグラムから1500ミリグラムが目安なので、3杯?5杯程度です。一度に飲むのではなく、こまめに摂取することが効果的なのです。珈琲のポリフェノールは摂取してから2時間程度で消えてしまうため、こまめに摂取する必要があるのです。抗酸化物質が摂取できるとはいっても、過剰に飲むことは避けます。日常的に飲むの量であればシミなどの改善に効果が期待できます。

 

珈琲を飲むことが好きであれば特に問題はないのですが、なかには珈琲が苦手と感じることがあります。美味しさのひとつでもある苦みが苦手な場合には、ロールケーキに入れると良いです。ロールケーキに入れることで、苦みが少なくなり、シミの改善にもなります。果物などを中身に入れることでビタミンCも摂取できシミへの効果がアップします。

 

ロールケーキのレシピは、卵Lサイズ3個、砂糖60g、薄力粉70g、インスタント珈琲大さじ1をお湯大さじ1でとかしたもの、生クリームと果物を用意します。卵2個と砂糖をしっかりと泡立て、薄力粉と珈琲をお湯でとかしたものを入れて、型に流し込みオーブンで焼きます。焼き上がったら泡立てた生クリームと好みの果物をロール状に巻きます。

 

シミを改善するための珈琲は本格的な珈琲でなくてもインスタント珈琲でも大丈夫です。珈琲といっても豆の種類や豆の焙煎方法で成分がかわってきます。抗酸化作用のあるクロロゲン酸は焙煎することで減少し、ニコチン酸などは焙煎することで増えます。ドリップ珈琲もありますが、少々面倒に感じることもあります。そんな場合はインスタント珈琲を活用します。

 

インスタント珈琲のポリフェノール量はレギュラー珈琲と比べても殆ど同じ量なのです。内臓脂肪を燃焼させる効果が期待できる珈琲は、シミの改善やアンチエイジングにも効果が期待できるのです。